自分の文化や人生をピリ辛しよう

人生を変える役に立つ情報を届けるブログ

外国語を学ぶ前に、ある秘密をやると外国語が早めに話せるようになります!

モニカです!

 

f:id:ryoma-monica:20190410221852p:plain

外国人と不自由なく話したり、メールのやり取りをしたいと思って英語やフランス語を勉強しようとしているのだけど、どうも上手くいく気がしないと悶々としている友達からよく相談を受けます。もし、このブログを読んでくださっている方の中に同じようなな悩みをもっている方がいらっしゃれば是非最後までお付き合いください。

私も日本語を学び始めたころ、同じように悩みました。日本語は、漢字、ひらがな、カタカナと3種類も文字があるし、文法もヨーロッパの言葉と全く違うので本当に最初は苦労しました。

しかし、ある気づきを得て、あることを実践し始めてから日本語の勉強が急に上手くいくようになったのです。

 

脳を学びたい言語になじませる

パッシブリスニング(聞き流し)を通して脳を外国語になじませることが、外国語を学ぶためにとても有効だと気付いたのです!早速、大量にテレビ、ラジオや漫画を通して、日本語を聞き始めました。

電車に乗っている時や歩いている時に、いつも日本語を聞くようにしました。それも、集中して聞いているわけではなく、聞き流す感じで気楽にしかし、大量に聞いていました。4か月くらい経ったころ、変化が起きました。脳が無意識のうちに、日本語を学ぶモードに変わっていったのです。

日本語専門学校での授業も突然、楽になってきました。教科書で初めて見る単語も、なんかどこかで聞いたことがあるなあという感覚になってきたのです。脳にとって、日本語がなじみのある言葉になってくれたことで、勉強はスムーズに進むようになり、私の日本語はどんどん上達していきました。

 

脳は、未知のものを拒絶するように出来ています。未知のリスクから私達を守ろうとしてくれているのです。だから、知らない言語を学ぶときも、脳からすると危険が迫ってきたと解釈して、脳は拒否するのです。だから、学びたい外国語を大量に聞き流すことによって、「この言語は未知ではないですよ。安全ですよ!」って脳に伝えるのです。

 

これから新しい外国語を学ぼうとされている方は、是非次のステップで脳を味方につけてください。必ず、外国語をスムーズに学べることでしょう。

  1. パッシブリスニング;ラジオ、テレビ、映画等で大量に学びたい言語を聞き流す。意味はわからなくても大丈夫です。音楽をBGMで聞き流すように、できるだけ長い時間聞き流してください。3か月が目安です。
  2. 脳がなれてきたら、本を買ったり、学校に行ったりと好きな方法で学んでください。
  3. 洋楽を聴くことで、外国語を学んだ気になるのはNGにしましょう。音楽の歌詞は言語によりますが、詩的な用語が多く、普段は使わない単語や文章、日常会話では使わない表現がよく出てきます。
    例えば、タイタニックで有名な曲「my heart will go on」のキャッチフレーズを会話で使うと、とても不自然に聞こえます。逆に「I will be fine」か「I will be ok」で十分伝わります。

私は、今現在、中国語を勉強しようと思っています。毎日パソコンで仕事に集中しながら、中国語のラジオを聞いています。その単語の意味は全く理解していないけど、私の脳に聞かせています。それを1~4か月続けると、脳が話すスピード、発音、イントネーション等をどんどん整理してくれるのです。そうなったら、本を買ったり、学校に行ってより本格的に学ぼうと思っています。外国語の学習に興味のある方、ぜひ一緒に頑張りましょう!

 

参考になれば幸いです。

 モニカ