自分の文化や人生をピリ辛しよう

人生を変える役に立つ情報を届けるブログ

日本人と結婚した外国人女性は、義理の家族と上手くいくのか? |北欧人の考え方

モニカです。

 

私は、日本人と結婚して5年、付き合って9年となっています。結婚すると、その相手の家族とも繋がりができます。結婚するということは新しい家族が増えるということでしょう。欧米では結婚すると、相手の家族は自分の家族と同じように付き合うべきだという考えが強いです。

 

私の夫(リョウマ)がモニカの実家に来る時は、私の家族はリョウマのことを本当の息子のように扱います。私の母は、リョウマの好きな食べ物があればなんでも作ってあげるし、ノルウェーの観光をしたいなら時間を作って連れていきます。またリョウマの仕事や生活が上手くいっているかを遠慮なく質問します。私の文化では、これは当然です。

その一方、私がリョウマの実家に行く時に、義理のお母さんからお客さんのような扱いを受けています。例えば、必ず毎日外食になります。リョウマと結婚して以来、義理のお母さんの手料理を食べたことがほとんどありません。ちなみに、それは私の文化でやると「あなたは私達の家族に歓迎されていませんよ」というメッセージになってしまいます。

 

もしモニカの実家で生活して、夫が病気になったとしたら、私の家族は彼のことを全力でサポートするだろう。つまり、結婚によって一つの大きな家族になったのだから、困った時に、サポートは夫妻どちらの家族からも来るのです。

 

ところがリョウマが海外出張中、私の娘が病気になりました。リョウマが母親にお願いして、東京まで来てもらいましたが、彼女はなぜ自分が来ないといけないのかが分かっていないようでした。その時、色々な話や議論を義理のお母さんとしましたが、彼女はどうしても私の考えを理解ができませんでした。

 

私にとって不思議なのは、日本では女性が結婚すると、旦那の名字を持つでしょう。つまり、女性は自分の家族を捨てて、夫の家族が自分の家族となる。それはそれで良いんですけど、お客さんの扱いをしている義理のお母さんは頭で何を考えているだろう。もしモニカが日本女性でしたら、違う扱いがあるかしら?

 

私は日本の文化に合わせようと、色々これまで礼儀正しくしてきましたが、9年たった今でもリョウマの家族に歓迎されていると感じません。だからリョウマの家族イベントがあっても、私には家族イベントとして優先的に予定を空けるというよりは他人のイベントとして予定が合えば行くという程度のものになってしました。

 

私の義理のお母さん(日本人)は私に対して壁があります。例えば、3歳の娘を義理のお母さんのお母さん、ひいおばあちゃんに会わせたいのですが、シンガポールから飛行機にのってはるばる日本に帰っても、会わせようとしてくれません。私達の娘は十分リョウマの家族に歓迎されていないのでしょうか。娘はまだ小さいから何もわからないですが、将来大きくなった時、どのように説明したらいいのか、困っています。

 

国際結婚はいいことばかりではありません。文化の違いからくる苦労がたくさんあります。子供も巻き込みます。本当に残念ですね。

 

皆さんは義理の家族とどんな関係がありますか?

 

モニカ

保育園でいじめにあった3歳の娘が、なぜ格闘技ジムに通うようになったのか?

モニカです。

 

私たちの娘は、3歳です。いろいろな国の人が集まってくるシンガポールで、英語・日本語・中国語・ノルウェー語を聞いて生活しています。

子供にとってベストな生活環境が与えられていると、親としては思っていました。

 

ところが、、、ある日、娘が保育園に行きたくないと言い出しました。。。

 

私たちは、びっくりしました。なぜなら、3歳の子供にとって、保育園に行って友達と遊ぶのが楽しいことに違いないと思っていたからです。

夫のりょうまと一緒にいろいろと理由を考えてみました。さらに、保育園の先生と面談もお願いして、日中の様子も聞いてみました。

その中で浮かび上がってきたのが、娘のアイデンティティ(自分は何者なのか?)の問題だったのです。

娘は、自分自身を日本人だと思って生きていることが分かりました。保育園は、英語を基本として運営されているのですが、毎日30分だけ、中国語か日本語のクラスがあります。私たちは、娘を中国語のクラスに入れていました。ところが、先生によると、娘は日本語のクラスに出たがっていたということが分かりました。全体の3割ほどいる日本人の友達が皆、日本語のクラスに参加するなか、彼女だけが中国語のクラスにでることに違和感があったようなのです。

そこで、彼女を中国語のクラスから日本語のクラスに変更しました。それから彼女は、日本語のクラスは楽しみにするようになったのですが、まだ問題は解決しませんでした。

 

やはり、週に数回は、保育園に行きたくないというのです。。。

 

私たちの調査は続きました。ただ、4か国語に接している娘は、どの言語も発達途中。自分の考えを親に伝えるには、どの言語でもまだまだ難しい。だから、娘の考えがはっきり伝わってこないため、私たち親にとってもどこに問題があるか分からなかったのです。

 

そんなある時、保育園から帰ってきた娘に私は、ふとしたことから「いい子にしないとだめですよ。悪い子にならないで」とノルウェー語でいいました。すると娘が、突然泣き出して、マレー語で「私は、バカじゃない!!!」と叫び出したのです。

最初、私は、彼女が何を言っているのかわかりませんでした。でも、その時に一緒にいたインドネシアの友達が娘の言っていることを通訳してくれたのです。

 

その時、私の頭の中で、全てがつながりました。娘がマレー語を聞くとしたら保育園しかない、そして、その保育園でいじめが起きている。このことを娘は一生けん命に伝えようとしてくれていたです。それに残念ながら、気づいてあげられなかった自分を悪い母親と思いました。

私は、保育園にすぐに伝えました。どうやって保育園でマレー語を学んだのか、それもこの悪い言葉を学んだのか確認しました。

園長先生との面談の後、問題点が浮かびあげってきました。保育園は子供の一人一人までに目を行き届かせる余裕がない、一人の先生が担当するには多すぎる子供が割り当てられており、クラスでいじめがあってもそれを是正できない。

その面談の時に、私たちの娘は、親切でセンシティブな性格だと指摘されました。それ自体は、悪いことではないですが、時として必要以上に傷ついてしまうというデメリットもあります。親切なことはすごく素晴らしいことだけど、今の世の中では親切が故に損することもあるのが事実です。インターネット上ですら誹謗中傷される世の中です。

娘にどこの世界でも生きていける力をつけてもらうには、自信を持たせるのがが一番大事だと思います。

 

保育園の面談後に夫と相談した際、夫が別の保育園に転園させようかと言いました。職場で一緒に働いている日本人の同僚にも相談したところ、「私だったら保育園を変えるわ」という意見がほとんどだった。でも、私にはどうしても保育園を変えることが解決策になるとは思えなかったのです。

 

でも、何かをしないしないといけない。

 

そこで格闘技ジムを考えました。。。

 

私はボクシングをやっていて、仕事のストレスや自分の悩みのことを解消する場所となっています。私の娘ももしかして、同じようなところを連れて行けば、自信がつくかもしれない。周りのすべての人が彼女のことを好きじゃなくても、そういう状況を冷静に受けとめられるようになるかもしれない。そこで、格闘技ジムのお試しコースに申し込みました。ジムから連絡があって、せめて4歳になるまで待ってくださいと言われたけど、どうしても体験入学させてくださいとお願いして入れてもらいました。

 

4-6歳対象のブラジリアン柔術クラスから体験させました。1時間の体験後、

私:「どうですか?ここの場所は友達を作るためではないけど、それでもやりたい?」

娘:「はい、やりたいです」

という答えが返ってきました。格闘技ジムの先生たちも喜んで教えると言ってくれました。

 

格闘技を始めて2か月が経ちました。娘に大きな変化がありました。

ある日、保育園から帰ってきた娘が、

「今日は好きな友達と一緒に遊べなかった。」と言っていました。そこで私が。

「それについて、どう思いますか。」と尋ねたところ、娘から 「大丈夫だよ。」という答えが返ってきました。以前の傷つきやすい性格の娘から、少し自信をもった娘に成長していたことが分かった瞬間でした!きっと格闘技のクラスのおかげで、自分を客観的に見えるようになってきたのだと思う。自分を客観視することを3歳で早くも学べたのはすごい。これからの娘の成長が楽しみになってきました。

 

モニカ

ビヨンド・ミート(Beyond Meat)に初トライ!温暖化対策の救世主?!

りょうまです。

 

最近、ニュースでよく地球温暖化の話題が取り上げられています。モニカの出身である北欧であまり雪が降らなかったり、日本ではまだ5月なのに35度以上の夏日になったりと異常気象に関する話題が毎日のように報道されています。

僕自身、何かできないかなといろいろ考えて、例えばタクシーに乗るのを控えて、地下鉄やバスをできるだけ利用したり、スーパーにはマイバックを持っていったりしています。

でも、これだけじゃ、やっぱりインパクトが弱い。。。

もっと温暖化防止に貢献できることは何かないかなと探していたのです。

そんな時、日常生活でできる強力な貢献方法をみつけました!

肉を食べないこと。

ハンバーガー一個当たりを作るのに、3kgから5kgもの二酸化炭素を放出するらしいのです!

牛肉を生産するためには、牛に大量の植物性飼料を与えなければならず、大きな負担を地球にかけていたのです。

でも、ハンバーガーが大好きな僕は、

やめろと言われてもやめられなかった。。。

そんな時、ビヨンド・ミートという画期的な肉を超えた肉(?)に出会ったのです!

エンドウ豆から抽出した植物性タンパク質で作ったバーガーパティがついに、私の住むシンガポールに上陸したのです。ビル・ゲイツやレオナルドディカプリオといった著名人がビヨンド・ミートに出資しています。

 

箱入りで、パティが2つ入っています。アメリカから冷凍輸入されているので、冷凍食品のコーナーに置かれていました。1箱13シンガポールドル。日本円で約1000円。

f:id:ryoma-monica:20190609215900p:plain

パッケージの裏側には調理方法が書かれています。冷蔵庫のなかで解凍して、片面3分ずつフライパンで焼きます。

f:id:ryoma-monica:20190609220225p:plain

見ばえも、ジュージューという音も普通のお肉と変わりません。

f:id:ryoma-monica:20190609220520p:plain

こんがりと焼きあがりました。中はジューシーです。

f:id:ryoma-monica:20190609220742p:plain

出来上がり。フライドポテトを副菜として添えます。笑

f:id:ryoma-monica:20190609220851p:plain

 

食べてみての正直な感想ですが、食感は牛肉とほとんど変わりません。中からはジューシーな

肉汁というか植物汁か出てきます。味は、肉にかなり近いと思います。よく味わうと若干植物性の味がしますが、ほんの少しです。お腹がすいている人に提供したら、きっと気付かないでしょう笑

f:id:ryoma-monica:20190609220951p:plain

これだけ話題沸騰のビヨンド・ミートなだけに、日本上陸の日も近いのではないでしょうか?

その際は、ぜひお試しください。日常生活の中でできる、地球への大きな貢献です!

なぜなら、牛肉ハンバーガと比べて二酸化炭素を一個あたり、3kg~5kgも削減するのですから。

 

りょうま

ケアンズ旅行:キュランダ鉄道編

りょうまです。

 

先週末、ケアンズに行ってきました。ケアンズは、オーストラリア東北部にある町で、世界最大のサンゴ礁地帯として名高いグレート・バリア・リーフへの玄関口です。

モニカの友達がケインズに住んでいて、『久しぶりに会いたいね。行ってみようか。』という軽い思いつきで行くことを決めました。

ケアンズへは、我々の住むシンガポールから直行便で6時間30分、日本からだと直行便で7時間です。

金曜日の深夜便で出発して土日の丸2日間滞在し、月曜日に帰るというかなりコンパクト旅でしたが、十分楽しめました。

ケアンズはそろそろ冬に入る時期で、朝夜は気温が10度台と肌寒い感じでした。ここ最近、雨が続いていたものの、私たちが滞在した土日は、ところどころ晴れ間もありラッキーでした。

 

滞在中は基本的にはゆっくりしたのですが、キュランダ鉄道に乗ってきました。ケアンズ駅とキュランダ駅を約2時間で結ぶ列車で、途中15のトンネルと37の橋を渡っていきます。

ケアンズ駅からは朝8時30分と9時30分の一日2便、50オーストラリアドル・一人料金

f:id:ryoma-monica:20190525081004j:plain

f:id:ryoma-monica:20190525081616j:plain

 列車内は、レトロな感じで落ち着きます。

f:id:ryoma-monica:20190525082331j:plain

車窓からの風景。15両編成の最後尾だったので先頭車両が遠くに見えます。

f:id:ryoma-monica:20190525082028j:plain

だいぶ登ってきました。50メートル進むごとに1メートル登るらしいです。こうして、2時間かけてキュランダ駅(標高330メートル)までゆっくりと登っていきます。

f:id:ryoma-monica:20190525082629j:plain

下を見ると冷や冷やするような高さにある橋をゆっくりとキーキーと音を立てながら渡っていきます。1915年の開業までには多くの人員が導入され、30人以上が工事中に亡くなられる、かなりな難工事だったようです。

f:id:ryoma-monica:20190525083113j:plain

高さ数10メートルはある滝のすぐ近くを通過してきます。

f:id:ryoma-monica:20190525084325j:plain

2時間かけて、キュランダ村に到着。オリジナルマーケットには、たくさんのお店が入っています。

f:id:ryoma-monica:20190525085301p:plain

カフェで一休み。お肉の盛り合わせを注文。左から、カンガルー、ソース、エミュー、ワニ。

ワニは、鶏肉のようにさっぱりとした味でした。

f:id:ryoma-monica:20190525084903j:plain

大自然の中を眺めながら、日常の喧騒から離れてのんびりできた旅でした。日本から7時間、3連休の週末であれば十分に行ってこれると思います。普段は忙しくてあまり休みはとれないけど、サクッとリフレッシュしたい方にお勧めです。

りょうま

英語の履歴書を簡単に書く方法(テンプレート付き)

モニカです!

 

履歴書を書くのって大変だし、めんどくさいですよね。しかも、英語で書かなければいけないとなったら、その大変さは特別なものがあるか思います。 

ちなみに日本語で履歴書を書く場合は、以下の2つの理由で英語よりも書きやすいと思います。

  1. 日本語の場合、履歴書のレイアウトが決まっています。レイアウトが固定されているので、各項目を埋めることで比較的スムーズに完成できます。
  2. 漢字で文章を短くすることが可能。長くなりそうな文章を漢字を使ってうまくまとめることで、自分の経験を簡潔にまとめることができます

 しかし、英語で履歴書を書くとなると、Googleで参考例を検索してもレイアウトがいっぱいあります。用語及び文書の構成も業界によって異なり、色々な業界で仕事を経験してこられた方にとっては、どのように書くべきか本当に混乱すると思います。

 そこで、簡単により良い履歴書を英語で作成するためのいくつかのコツをご紹介したいと思います!

 

英語の履歴書で全く必要ない情報とは?

 日本語での履歴書は個人情報を示さなければなりません。例えば、年齢、配偶者の有無、配偶者の扶養義務、扶養家族数、性別、通勤時間という個人情報は外国ではプライベートなものなので、書く必要が一切ありません。写真を添付するも必要ないです。欧米では、このような個人情報(他の例:人種、宗教等)等をレジュメで表示すると、採用担当者から不利益に扱われる恐れがあるため、このような情報は履歴書に含める必要がないのです。採用担当者が興味があるのは、あなたがどのようなスキルや経験があってどのように会社に貢献できるかということです。

だから、英語の履歴書に以上の個人情報は一切表示しないでください。

 

履歴書のデザインにこだわる方ならこのツールは最高

 英語のレイアウトは山ほどあります。海外では、フォトショップを利用し、履歴書をデザインする人が多く、Wordを使っても大丈夫です。しかし、マーケティング部署やクリエイティブなポジションに応募する方には、履歴書のデザインも考えなければなりません。そこでお勧めしたのが、無料デザインサイト、Canva(https://www.canva.com/ja_jp/)です。是非使ってみてください。

 

応募したいポジションで利用されている用語を書きだす

 好きなポジションに応募する時、そのポジションで利用されている用語を書き出してみましょう。りょうまが以前紹介したノート術(マインドマップ)を使うと簡単に整理ができます。例えば、このポジションが、マーケティングスペシャリストだとします。Googleで"Marketing Speclialist"と検索してみましょう。

https://www.snagajob.com/job-descriptions/marketing-specialist/

いくつか出てできますが、上記のリンクのJob Skills and Requirements のところを見てください。

  • Analytical Skills(分析能力)
  • Communication(コミュニケーション力)
  • Critical-Thinking(クリティカルシンキング)
  • Attention to Detail(細部への注意)

と4つの求められるスキルが列挙されています。これらの用語を含める形で、職歴やスキルをアピールしていきます。

  

お勧めの履歴書フォーマットをプレゼントします!

よかったら、参考にしてみてください。

使い方を説明します。

まず、ヘッダー部分に以下の情報を入れていきます。

  • 名前(Satoshi)、名字(Yamada)
  • 現在のポジション(Marketing Analyst)
  • 電話番号
  • Email アドレス
  • Professional Profile;これまで達成してきたこと等を簡潔に3、4行で書きます。

f:id:ryoma-monica:20190504225022p:plain

  • Core Skills のところで、前セクションで説明した「応募したいポジションで利用されている用語」をコピーペーストしていきます。ご自分で思いつかれた用語を入れてももちろん大丈夫です。

f:id:ryoma-monica:20190504225440p:plain

  •  Professional Experience のところは、最近の職については詳しめに書きます。Key Responsibility やKey Achievementsも3つくらいあげるようにしてください。古い職歴(5年~10年くらい前)のものは簡潔にかけば大丈夫です。

f:id:ryoma-monica:20190504225810p:plain

  • 学歴や資格の情報を入れていきます。学歴に関しては、最近卒業した場合、成績(GPA等)も入れますが、卒業後しばらく経っている場合(10年以上)は書く必要はありません。なぜなら、卒業後、仕事を経験して成長しているため、10年前の成績は今のあなたを反映しないからです。

f:id:ryoma-monica:20190504230147p:plain

  • Technical Skills
  • Certifications (資格等)
  • Additional Information

について書いていきます。Additional Informationの興味のところは本当のことを書きましょう。無理して背伸びしたものを書く必要はないです。なぜなら、採用担当者が外国人の場合、面接であなたのことを理解しようとしてこの部分をいろいろ聞いてくることが考えられます。その時に、自然に会話をしてあなたのことを知ってもらう良い機会にしましょう。

 

f:id:ryoma-monica:20190504230529p:plain

 今日から30日間、以下のサイトの'Slow Download(Free)'から無料でお勧めの履歴書フォーマットをダウンロードしていただけます。

 

f:id:ryoma-monica:20190504231506p:plain

ufile.io

 ご質問や履歴書のご相談がある方は、本ブログのご質問コーナーよりご質問ください。

5月は比較的時間があるので、先着3名様まで無料で履歴書の添削をしちゃいます!

モニカ

 

 

 

 

 

 

体がだるい時こそ、ジュースクレンジングで元気モリモリに!

りょうまです。

 

ゴールデンウイーク前の忙しい時期。頭がすっきりしない、体がだるい、そして気持ちまで落ち込む、あ~エネルギー不足だ~って、ちょっとネガティブに。。。そんな時、もし皆さんならどうされますか?

私は、とりあえず飲みに行きます!(笑)。。。そういう選択をすることもありますが、実はもう一つやっていることがあります。

それは、

 

「ジュースクレンジング」

 

です。

私は、ジュースクレンジングを週末のたった1日するだけで、翌日から元気モリモリになれるのです!

 

ジュースクレンジングとは?

ジュースクレンジングとは、新鮮な果物や野菜をジューサーにかけてジュースにして飲むことをいいます。一定の期間(僕の場合は、1日)、他の食事は一切取らず、ジュースと水だけで過ごします。

材料は、オレンジ、リンゴ、イチゴ、ホウレンソウ、セロリ、パプリカ、レモン、ショウガ等、たくさん水分を含んでいてジュースになりやすいものを使っています。

 

1回当たり300ml くらいを、1日に3回~5回くらい飲みます。ジュースとジュースの間には、水やお湯をこまめに飲むようにします(1日で合計2リットルくらい)。コーヒーやお茶のようにカフェインが入っているものや、固形物はとらないようにします。

 

ちなみに、スムージーとの違いについて触れておきます。(最初のころ、私は違いが分からなかったのでご参考までに。)スムージーは、ミキサーを使って作ります。ミキサーの中のブレードが高速で回転して果物や野菜を液状にします。繊維を残した飲み物ができます。栄養を一切捨てることなく取れるというメリットがありますが、私の場合飲んだらお腹いっぱいになってしまって消化に時間がかかるというデメリットもありました。

f:id:ryoma-monica:20190426082344p:plain

ミキサー

これに対して、ジュースクレンジングでは、野菜や果物をしぼることでジュースを作ります。繊維と果汁を分離させるので口あたりがさらっとして飲みやすいというメリットがあります。

そのような理由で私は、ジュースクレンジングを好んでやっています。

 

f:id:ryoma-monica:20190426082940p:plain

ジューサー

 

どれくらいの期間や頻度でやるか?

これまで最長で3日間やったことがありますが、とても辛く、本当に苦行でした。また、3日間やったということに自己満足してしまい、その後半年くらい食生活が乱れたこともありました。これでは、ジュースクレンジングの効果はほとんどなくなってしまいます。

そこで、お勧めしたいのが、1か月に1日だけやるというものです。これなら、週末の1日だけを使えばできてしまうので、さほど楽しい食生活を犠牲にしている辛さは感じないと思います。また、1か月に1回と定期的に行うので、効果が持続されると思います。

 

ジュースクレンジング前後の準日は?

ジュースクレンジング前日も後日も、私はいたって普通のいつも通りの食生活をしています。ただ、理想を言えば、前日はいつもより軽めに食べてお酒は飲まないほうがいいみたいです。

また、後日の最初の食事はフルーツにして方がお腹と体にはよりいいみたいです。

 

私にとっての効果とは

個人差はもちろんあるかと思いますが、私にとっては、ジュースクレンジング明けは、いつも頭がすっきりとしていつもより仕事が進みます。また、体が軽くなったような感じがして、よりエネルギーがたくさん沸いてきて活動的になれます。

1日ジュースしかのまないことで、いつもフル稼働してくれている内臓がしっかりと休息できたのでしょう。体の細胞一つ一つが元気になったようにすら感じます。

 

参考にしていただければ幸いです。

りょうま

 

子供ができた夫婦がお互いを「パパ」「ママ」と呼び合った結末とは?

りょうまです。

  

10年前のあるうららかな晩春の昼下がり、同じ大学を5年前に卒業した2組の若いカップルが結婚式をあげました。

彼らはとてもよく似たカップルで、周りにやさしく、みんなから愛され、夫婦として幸せな家庭を築いていくことに大きな夢と希望を抱いていました。

最近、この2組のカップルは、卒業15周年の同窓会で大学にやってきました。

彼らは今でもとてもよく似ていました。2組とも、子供が2人いて、共働き、お父さん、お母さんとしての役割を一生懸命に頑張っていました。

しかし、違いが一つありました。一組は、男性、女性として出会った学生時代のようにラブラブな関係も持っていたのですが、もう一組からは、そのような恋愛感情は完全に消えていたのです。

 

何かその違いを生んだのでしょうか?

皆さんは、夫婦関係で何かこのような違いを生むのかということを考えられた事はありますか?

その違いは、一方のカップルがたまたまラッキーだったとか、持って生まれた宿命だったとか、あるいは特別な努力をしたということとはあまり関係がありません。一方のカップルだけが、結婚後もラブラブな関係を持ち続けることを望み、もう一方のカップルがそれを望まなかったというわけでもありません。

 その違いは、どういう知識を持っていたか、そしてその知識をどのように活用したかという点から生まれたのです。

 

その知識とは?!

その知識とは、なーーーーーーんと、子供が出来た後に、お互いをどのように呼びあうかというシンプルな知識だったのです。

ラブラブな関係をもっているカップルは、昔も今もお互いを名前で呼びあっているのに対して、

もう一組のカップルは、「パパ」「ママ」とお互いを子供目線で呼ぶようになってしまったのです。

 

はじめに言葉ありき

言葉には大きな力があります。言葉を使って想像しただけで、脳は現実にはないものがあると誤解してしまうほどです。

 例えば、「今、あなたの目の前に大きなレモンがあると想像してください。それを半分に切って、かぶりつくところを想像してください。」と言われると、現実には目の前にレモンがないのに、口の中が唾液でいっぱいになります。脳は、現実と想像の区別がつかないのです。

だからこそ、お互いを「パパ」「ママ」と呼び続けたカップルの脳は、目の前にいる男性(女性)は、自分が愛してドキドキした男性(女性)ではなく、「パパ」(「ママ」)なんだと脳が誤解してしまうのです。そして、「パパ」「ママ」としての行動を夫婦間においても、するように仕向けていたのです。

 

そもそも、日本ではなぜ夫婦間で、「パパ」「ママ」と呼び合う習慣があるのでしょうか?これは、欧米には全く見られない習慣です。その理由は、日本では、個人よりも家を単位とした役割が重要視されるからだと思います。つまり、子供が生まれた瞬間から、その子供を中心としてみると「パパ」や「ママ」となります。そして、父親、母親としての役割を演じることが何よりも大切とされるために、夫婦間においても「パパ」「ママ」と呼ぶのだと思います。

父親、母親としての役割を夫婦間においても演じ始めると、男性、女性としての感情をぶつけあった関係からはどんどん遠ざかっていきます。そうすると、感情をぶつけあわない分、ケンカをすることもないし、当然ながら情熱、パッションもなくなってくるのです。

 

小さな一歩

ここまで読まれた方の中には、もうすでに「パパ」「ママ」と呼びあう関係になっているし、今更それをなんとかしようとは思わないという方もいらっしゃると思います。それも一つの選択だと思いますが、もし少しでも不満を感じるなら、(例えば、ママ友の間で、「うちの夫は少しもロマンチックなところがない」などど不満をいうことがあるのなら)、この機会に関係を改善する小さな一歩を踏み出してみませんか?そうです。その小さな一歩とは、お互いを「パパ」「ママ」ではなく、出会った頃のような呼び名で呼び合うことなのです。

 

逆に、ここまで読まれて、何とかしなくちゃと思ってくださり、関係を改善するために積極的になんとかしたいと思ってくださった方もいらっしゃると思います。そのような前向きな方には、呼び名をもとに戻すという小さな一歩に加えて次のようなことも試していただければと思います。

  • お互いを「パパ」「ママ」と呼んだ時に、どのような気持ちがするか、逆に名前で呼び合った時には、どのような感情の変化があるかを話し合ってみる。           ⇒効果として、2人の関係をお互いがどう思っているのか、何を改善してほしいのかを話し合う、良いきっかけとなることがあります。
  • 話し合うことで、お互いの改善点が浮かびあがったら、それをリストアップしてどんどん行動に移していきましょう。
  • 2人だけで過ごす時間をあらかじめ予定に組み込みましょう。例えば、金曜日の夜は、子供をご両親やシッターさんにあずける等して、2人のデートの日としたりするのもよいでしょう。  ⇒効果として、パパ、ママとしてではなく、夫と妻として2人で向き合う時間を作れます。

 

繰り返しますが、脳は、現実かどうかの区別がつかないため、呼び名を変えるだけで付き合い始めたころにタイムスリップしたように感じるでしょう。3週間も続けるときっとお互いの関係や行動も目に見える形で変化してきます。

 

脳をだますのはそれほど簡単なことなのですから!

 

参考にしていたければ幸いです。

りょうま